わずか100年で頂点を極めたロレックスの歴史

ロレックスの前身となった会社が設立されたのは1905年。その歴史はわずか110年と少しです。

世界には、それよりも長い歴史を誇る時計ブランドは数多くありますが、現在のロレックスの知名度とステイタスにはかないません。

一体、短い歴史の中でロレックスはいかにして現在のステイタスを手に入れたのでしょう。

初期は見向きもされなかったロレックス

ハンス・ウィスドルフによる「ウィスドルフ&デイビス社」の設立当時は、懐中時計全盛の時代で、腕時計はまだまだ信頼のおけるものではありませんでした。

そんな中、1907年にロンドンからスイスに会社を移したウィスドルフは、腕時計の製造を開始し、翌年にロレックスブランドを立ち上げ、1910年には国際的な精度基準である「クロノメーター公式証明書」を腕時計としては初めて取得します。

しかし当時のロレックスは、有名な宝飾店などのブランド時計を受注生産するような時計メーカーとしては、影に隠れた存在でした。

ロレックスを世に知らしめた三大発明

1926年、ロレックスは最初の発明と言われる「オイスターケース」を開発します。従来の懐中時計は湿気やホコリの侵入によって壊れることが多かったのですが、オイスターケースによってそれを防ぐことに成功したのです。

さらに、1931年には自動巻き機構「パーペチュアル」を開発。このパーペチュアル機構は、その後の自動巻き腕時計の基本となる画期的な機構となりました。防水性と自動巻き機構により、常に身につけていられる機能性をロレックスは獲得したのです。

そして、三つ目の発明と言われているのが、「デイトジャスト」です。世界で初めてカレンダー表示機能を搭載した「デイトジャスト」は、その後の腕時計には付いて当たり前の機能ともなりました。

こうした数々の発明と、壊れやすいと言われていた機械式時計の常識を覆す堅牢性と信頼性を誇ったロレックス。これらの特徴によって、わずか100年足らずで、腕時計のトップブランドにまで上り詰めたのです。