ロレックスの名声を高めた冒険家たち

ロレックスの名を世に知らしめたのは、数々の冒険家による偉業でした。偉業達成の時、彼らの腕に光っていたのがロレックス。

しかし、そこにはロレックスの巧みな戦術が隠されていました。

ドーバー海峡を渡ったロレックス

1927年、ひとりの女性がドーバー海峡を泳いで渡りました。彼女の名はメルセデス・グライツ。速い潮の流れと水温に負けず、15時間15分かけて彼女と共にドーバー海峡を渡った腕時計がありました。それが、ロレックス「オイスター」です。

これにより、ロレックスの高い防水性が証明され、瞬く間に世界中でロレックスの名が轟くことになったのです。

実は、この「偉業」はロレックスが巧みに仕掛けた宣伝戦略と言われています。

メルセデス・グライツはそれまで無名のスイマー。ドーバー海峡を初横断したわけでも、女性初でもなく、記録も先人に劣ります。しかも、彼女がドーバーを泳いだのは10月7日ですが、その偉業が讃えられたのは11月24日のこと。それはロレックスが新聞の一面に出した広告でのことでした。

エベレストを登頂したロレックス

高山を登る時、時計に求められるのは高い気密性です。中に湿気が侵入すると、ムーブメント内で結露や凍結が発生し、機構が破壊されてしまいます。

そんな中で、エドモント・ヒラリーがエベレスト初登頂の時に持っていったのがロレックスであるとして、その気密性が証明されたと言われています。

ところが、これもロレックスの巧みなイメージ戦略。ロレックスを着けていたのはヒラリーではなく、同行したシェルパ。ロレックスはエベレスト登頂を目指す登山家に自社の腕時計をどんどん提供していたといいます。

しかしその後、無酸素登頂に成功したラインホルト・メスナーの腕にはデイトジャストが装着されているなど、実際に登山での有用性は確かなようです。

その他にも、アメリカ軍パイロット、チャック・イエーガーと共に初の音速の壁を超えたのもロレックス。深海潜水艇「トリエステ号」の外郭に取り付けられ、10,908mの深海でも機能することを証明したのもロレックス。

数々の冒険により、ロレックスの名は高められたのです。