ロレックスと他のアイテム

 

ロレックスと別の腕時計と比較して優れているのは、時計そのものの性能とプロデュース力を置いて他にありません。

ロレックスはいまでこそ、高級ブランド時計として知られていますが、もともとは冒険や極所での使用に耐えるために設計された、実用時計です。

陸・海・空。極限の氷の世界、宇宙空間や光の届かない深海、そして音速を超えるGの世界。そのすべてにおいて、冒険家たちとともに旅をするのがロレックスであるというプライドが、今日、ほかの泥ブランドにも比較しえない価値を持つに至った所以です。

ただ、それを実現したのはロレックスが宣伝活動に惜しみなく資本を使ったからこそです。

今でいうところのブランディングが、当時のさまざまなエポックメイキング的な出来事ともに展開されてきたため、今日のブランド力が築き上げられていったというわけです。

ドーバー海峡横断もしかり、エベレスト登頂もしかり、アポロ計画もしかり、です。ロレックスは常に、これらの計画をサポートしてきました。

こうしたブランドの「顔」の部分では、熱心なマーケティング活動を続けていたのと同時に、「脳」の部分、肝心の中身の部分でも絶え間ない研究と、日夜を問わない開発がすすめられてきました。

苦心の末に開発された新しいムーヴメントは、精度や耐久性を向上させたうえ、機械を利用した量産体制を実現したのです。

ロレックス以外のメーカーでは開発できない汎用的なムーヴメントは、精度や耐久性ともにロレックスには全く歯が立ちません。

ロレックスのほとんどのモデルが、クロノメーター認定を受けていることは、見逃してはならない事実です。

歯が立たないものをたやすく量産できる開発力と生産力、機能性もデザインも優れた面を持ち合わせるロレックスが、世界一の腕時計メーカーであることを認めざるを得ないでしょう。

ロレックスの魅力

ロレックスの魅力は語りつくすことができませんが、ここでは時計そのものの魅力から少し離れ、エピソードについてご紹介したいと思います。

▼エピソード1.デイトナ
デイトナの名前の由来は、アメリカのレース場「デイトナ・インターナショナル・スピードウェイ」。クロノグラフ(ストップウォッチ)機構を装備しているモデル。

▼エピソード2.GMTマスター
パン・アメリカン航空のパイロットが装着するために開発されたパイロット・ウォッチ。2つのタイムゾーンを表示できる。機能性に優れているモデルでビジネスユースにも最適

▼エピソード3.エアキング
ロレックスの中でも最古のペットネームが「Air King」。初代エアキングとしてRef.5500は長寿モデルで1988年まで、実に50年近く製造されていた。

▼エピソード4.エクスプローラー
洞窟探検など、昼夜区別のつかない極限の環境でも実用性を失わないモデルとして開発されたアドベンチャーウォッチ。イタリア人登山家のエベレスト登頂でその機能性が評価された。
ロレックス エクスプローラーの詳細情報はこちらをご覧ください。

▼エピソード5.サブマリーナー
世界初のダイバーズウォッチとしてあまりに有名。防水性能に優れるロレックスの人気モデル。

▼エピソード6.スカイドゥエラー
2タイムゾーンと年次カレンダー機構と、複雑機構が搭載されたスタイリッシュなモデル。

▼エピソード7.デイトジャスト
オイスターケースとパーペチュアル機構にデイトジャスト機構を搭載した初のモデル。

そのほかにもデイデイトは当時のアメリカ大統領、アイゼンハワー氏に送られたことをきっかけに、最高峰モデルとして今日までその変わらない価値を提供し続けています。
またオイスター・パーペチュアルは、ロレックスの原点となるモデルで、こちらも決して忘れることはできません。

それぞれのエピソードはロレックスの歴史の一部です。
そういったエピソードが豊富なこともロレックスの深みが増し、世界中で愛好家が増える要因なのでしょうね。