実用腕時計の種類2

実用腕時計のメーカーを紹介します。価格はブランドごとピンきりですが、こちらでは数万円台から高くても50万円以下の購入しやすい実用腕時計をピックアップしました。

取り上げているブランドは
・ジン
・オリス
・エドックス
・ラドー
・ハミルトン
以上の5ブランドです。

▼ジン
ドイツ生まれの実用時計で、創業者は空軍の元パイロット。その経験が時計に反映されているのでまさに「プロ仕様」な1本です。

具体的には視認性が良いこと、ケースが堅牢、ムーブメントを保護する特殊な技術が利用されている点などが特徴的なブランドです。
航空時計としての評価を得ているほか、実用面でも様々な分野に顔を出すなど、地味ではあるものの確かな実力を持っています。\r\nどちらかといと玄人受けするブランドですね。

▼オリス
スイス生まれの時計で、ベーシックで古典的なデザインからスポーツモデルまで幅広く商品展開しています。スペックが高く、反面企業努力で価格は抑えめに設定されています。その点日本のメーカーに近いかもしれません。アビエーター、モータースポーツ、ダイバーズ、カルチャーの4つのカテゴリーで、それぞれラインアップされています。

▼エドックス
日本人にはあまりなじみのないブランドかもしれませんが、それもそのはず、日本に初めて上陸したのが2004年のこと。近年では幅広くラインナップされていますが、当初はパワーボートとのタイアップでスポーツモデルのみの展開でした。現在でもスポーツ系に強くかつドレス系にも豊富なラインナップを揃えています。価格は控えめなので、こちらも海外製のスポーツ系実用腕時計としてファーストチョイスに上がるメーカーでしょう。

▼ラドー
スイス生まれのメーカーです。特徴的なのは腕時計の素材。ステンレスとゴールドに限らず、新しい素材を常に開発してきたという点はまさに独特。セラミックケースの形成技術は世界でもトップクラスであるなど、異彩を放つメーカーです。

▼ハミルトン
もともとはアメリカに工場を置く時計メーカーですが、現在ではスイスに製造拠点があります。鉄道時計、航空時計、軍用時計をメインに、ファッション時計も幅広くラインナップされています。

実用腕時計の種類1

実用腕時計の価格はピンきりですが、こちらでは数万円台から高くても50万円以下の購入しやすい実用腕時計をピックアップしました。
取り上げているブランドは
・セイコー
・ロンジン
・シチズン
・ティソ
・カシオ
以上の5ブランドです。

▼セイコー
日本最高クラスの実用時計メーカーであるセイコーは、クォーツ腕時計、機械式腕時計を始め、GPS電波時計までありとあらゆる種類の実用腕時計を取り揃えているのが特徴です。

しかもセイコーの作る時計はすべてメイドイン・セイコー。ねじから外装まですべてセイコーで内製できる技術力+会社の体力は並外れたものがあります。

▼ロンジン
20世紀初頭には世界最大の時計工房を持っていたといわれる、スイスの時計メーカーです。大規模工場生産をいち早く導入し、航空時計、クロノグラフを開発したノウハウは、スウォッチグループに継承されておりコスパに優れた実用時計を生産し続けています。

▼シチズン
知る人ぞ知る国内メーカーで、ソーラー式腕時計や電波時計を開発した先駆け的な存在としても有名です。外装・電子技術は世界トップクラスと言われており、最近では機械式時計の開発にも力を入れるなど、総合力の高い時計メーカーとしての立場を明確にしています。

▼ティソ
先進的な技術を取り入れ、実用腕時計のトップレベルを走り続けるメーカーです。安くてもパフォーマンスに優れた自動巻き時計はなんと80時間の駆動を確保。2013年に発表された「パワーマティック80」はその象徴となっています。価格は10万円ですが、間違いなく価格以上の価値があります。

▼カシオ
言わずと知れた「Gショック」で一躍有名になった日本のメーカーです。もしも実用腕時計に「壊れないこと」という条件が最優先にあった場合、Gショックが第一候補となるでしょう。

最近ではGPS+標準電波の受信能力が付くモデルも登場し、ファンを満足させています。

実用腕時計はどこで買える

実用腕時計をどこで買うか、どこで買えば安く手に入るかは関心の強いところだと思います。

実用腕時計は下記のルートで手に入れる事ができます。
・時計専門店
・デパートやショッピングセンター
・家電量販店
・ディスカウントストア
・通販

またこのほかに、実用腕時計が高級ブランド腕時計なら、正規代理店、もしくは並行輸入店も購入場所になります。

ブランド品とは違い手に入れる場所を若干広く見ておかないと、自分のお気に入りのブランド製品を購入することができません。
ではそれぞれの購入ルート別にその特徴を見てみましょう。

▼時計専門店
何より時計に詳しく、ブランドごとの特徴を把握している店員がいることが大きなメリットです。いろいろ細かいことを聞けますし、その情報をもとに自分が使うシーンと照らし合わせて、実用腕時計にふさわしい1本をみつける事もできるでしょう。修理やメンテナンスの時も頼れる存在になります。

▼デパートやショッピングセンター
スーパーを含めたショッピングセンターには、時計を販売するコーナー、もしくは時計を専門に扱うテナントが入っています。買い物ついでに利用できる点がメリットと言えそうです。時計専門のテナントなら路面店と同じようなサービスを行っている所も少なくありません。ただしそうしたテナントの多くは規模が小さく、気に入った1本が見つかるかどうかは行ってみないとわからない部分が大きいです。

▼家電量販店
家電量販店の時計販売コーナーは、高級ブランド品を扱っていることも多く、選択の幅が広いのが特徴です。しかしその反面、接客するのは量販店の担当者に過ぎず、時計に関する知識はほとんど期待できません。時計にあまり詳しくない人から高い時計を買うのがマイナスでなければ、いろいろ選べる家電量販店は有力な購入先でしょう。

▼ディスカウントストア
ドンキホーテなどのディスカウントストアも実用腕時計を取り扱っています。ただし、お店にもよりますが、販売されているのはほぼ、安価な腕時計に限られます。時計販売に力を入れているわけではもちろんないので、数あるブランドの中から自分にあった1本を探すのに適したお店ではないですね。

▼ネットショップ
ネットショップは日本全国数多くあり、また扱っているブランドや商品が画像で見られるため、お目当ての品が見つけやすい点が最大のポイントです。時計専門店がネットショップを開いていることも多く、細かい商品説明やアフターケアも期待できます。
ただ難点は、実物が見られないこと。これに尽きます。
それぞれ一長一短、自分が納得のいく購入先を見つけてください。

実用腕時計の特長

実用腕時計に求めたい特長としては、タフな使用ができてしかも長持ちすること、あとはおまけにデザインが良い事ではないでしょうか。
ちなみにここでは安い=実用腕時計としては考えません。”実用的”というのはシーンや使う人にとってそれが実用的かどうかが違ってくるいわば恣意的なものです。

あの最高級ブランド、ロレックスを実用腕時計として考えている人はたくさんいますし、実際に機能性や防水性、壊れにくさといった実用的な観点からもハイレベルなパフォーマンスを発揮します。
とはいえ、ロレックス=実用腕時計として考えられる人はやはりごく一部。
ここでは実用腕時計として代表的なブランドをご紹介します。
日本が誇るセイコーです。

▼セイコーのスゴさ
セイコーにはグランドセイコーという最高級ラインがあります。
これはもともと実用時計として知られていたセイコーが、その最高峰に位置するモデルを作ろうとしたことがきっかけで作られたモデルです。
昔から変わらないなじみの良いデザインに、最高の機構とムーブメントを搭載、品質の良さと日本最高の技術によって生み出された実用時計は、ビジネス、フォーマル、そしてカジュアルシーンに至るまで、いつでもどこでも使える、最高級の実用性を備えた時計として認知され、今日に至っています。

余談ですが、グランドセイコーはクロノメーターの精度を競う「スイス天文台コンクール」に1964年に出展して以来、好成績を残しつづけ、この実績からスイスだけでなく全世界にその実用腕時計としての存在を認められています。
グランドセイコーの価格は高級腕時計と同じような価格ですが、その実用性は国際的な評価を受けています。
日本人としても利用する側にとっても価値ある実用腕時計と言えますね。

実用腕時計とは

実用腕時計とはそういう種類があるわけではなく、日常的あるいは仕事中に利用するための「実用的な腕時計」です。

それゆえ、使用する人やシーンによって、それが実用的であるかないかがある程度決まってきます。
水を使う仕事であるにも関わらず、防水性能がない腕時計を使っていれば、その腕時計は実用的ではありませんし、まして腕に巻くバンドが革の素材であったらもう大変です。水に濡れたら革が台無しになってしまいます。

家から一歩も出ず、部屋に時計があるにも関わらず、ロレックスなどのフォーマルタイプの腕時計を着用していたとしたら、それは果たして実用的なのかどうか、疑問に残るところです。

▼実用腕時計に求められる条件とは
実用腕時計に求められる条件について考えてみましょう。
まず時計として最低限の機能を持っていることは当然です。
そして高価すぎるものもいけません。高価な時計と認識せずに使えばよいのですが、そんなことができる人はほとんどいないでしょう。
必ず時計を意識して、汚さないように傷つけないように扱います。
逆にすぐ壊れるような安すぎるものも控えたほうが良いでしょう。

機構については単純であればよく、3針のみで十分です。単純機構であれば壊れにくいのでその点でも有利です。
市場にあまり流通していないモデルも換えが効きませんし、壊れたときにパーツが手に入らないので修理できなくなるためNGです。
あとは最低限の防水機能を備えている事。非防水の時計は普通に使っていてもカバーの中が曇ってきて水滴がたまり、故障の原因となりますから、すぐに壊れてしまうリスクがあります。

以上のように、実用腕時計には機構はシンプルで、市場に多く流通しており、最低限の防水性能を備えている事、この3つが最低条件です。かつ自分の気に入ったデザインがあればなおgoodですね。

← 前のページ次のページ →