価値を守れ!知っておきたいロレックスのメンテナンス

その信頼性の高さから、何十年と使い続けられるロレックスのウォッチ。しかし、それは当然適切なお手入れやメンテナンスを行っているからこそです。

いかにロレックスとは言え、メンテナンス無しではその性能を保つことはできません。さらに、適切なお手入れはその資産価値を保つことにもなるのです。

日常のメンテナンスとは?

ロレックスの素材は、ステンレスやプラチナ、そしてゴールドなど一般的には腐食などに強い素材だと言えます。

しかし、だからといって汗や脂などの汚れを付着させた状態で放っておいては、変色などの劣化は免れません。

そこで、セーム皮やマイクロファイバークロスなどで表面を拭いましょう。普通の布やタオルなどでは傷を着けてしまったり、繊維がリューズなどに引っかかって破損させてしまう可能性もあるので、必ず専用クロスを使いましょう。

さらに、汚れが溜まりやすいのが風防の縁やベゼル、ブレスレットや、ブレスレットと本体の結合部であるエンドピース。クロスが入りにくい場所でもあるので、専用の柔らかいブラシなどで根気よく汚れをかき出しましょう。

そして、リューズや回転ベゼルなどの可動部分は砂やホコリなどが侵入していないか必ずチェックしてください。時には外して、中を掃除することをオススメします。

数年に一度はオーバーホールを

どんなに堅牢なムーブメントでも時間が経てば中の油が劣化し、歯車がすり減ります。そんな状態を放って置くと時計自体の故障を招きます。

そこで必要なのが、3~4年に一度のオーバーホール。一旦時計を分解して、摩耗した部品を交換し、フレッシュな油を差して、その性能を保つための作業です。当然、自分では出来ないので公式ショップにお願いすることになります。

しかし、ロレックスに関してはこのオーバーホールも決して安くありません。日本ロレックスでは、エクスプローラーで45,000円ほど、ヨットマスターⅡに至っては一回で80,000円を超えることもあります。

しかし、これは長く付き合うためには必要な出費。ロレックスは、こういったランニングコストも考えて購入することが大切です。

コメント

コメントを受け付けておりません。