ロレックスと他のアイテム

 

ロレックスと別の腕時計と比較して優れているのは、時計そのものの性能とプロデュース力を置いて他にありません。

ロレックスはいまでこそ、高級ブランド時計として知られていますが、もともとは冒険や極所での使用に耐えるために設計された、実用時計です。

陸・海・空。極限の氷の世界、宇宙空間や光の届かない深海、そして音速を超えるGの世界。そのすべてにおいて、冒険家たちとともに旅をするのがロレックスであるというプライドが、今日、ほかの泥ブランドにも比較しえない価値を持つに至った所以です。

ただ、それを実現したのはロレックスが宣伝活動に惜しみなく資本を使ったからこそです。

今でいうところのブランディングが、当時のさまざまなエポックメイキング的な出来事ともに展開されてきたため、今日のブランド力が築き上げられていったというわけです。

ドーバー海峡横断もしかり、エベレスト登頂もしかり、アポロ計画もしかり、です。ロレックスは常に、これらの計画をサポートしてきました。

こうしたブランドの「顔」の部分では、熱心なマーケティング活動を続けていたのと同時に、「脳」の部分、肝心の中身の部分でも絶え間ない研究と、日夜を問わない開発がすすめられてきました。

苦心の末に開発された新しいムーヴメントは、精度や耐久性を向上させたうえ、機械を利用した量産体制を実現したのです。

ロレックス以外のメーカーでは開発できない汎用的なムーヴメントは、精度や耐久性ともにロレックスには全く歯が立ちません。

ロレックスのほとんどのモデルが、クロノメーター認定を受けていることは、見逃してはならない事実です。

歯が立たないものをたやすく量産できる開発力と生産力、機能性もデザインも優れた面を持ち合わせるロレックスが、世界一の腕時計メーカーであることを認めざるを得ないでしょう。

コメント

コメントを受け付けておりません。