ブランド腕時計の買取傾向

ブランドごとに買取傾向を見てみましょう。
まずはロレックス。このブランドは皆様もご存知の通り、世界で一番知名度が高いブランド腕時計です。
知名度の高さゆえ、売りたい人も買いたい人も多く、需給バランスが最適な状態に保たれています。コレクターアイテムも多く、プレミア品のニーズもあります。
時計としても丈夫で壊れにくく、実用性が高いことでも有名です。
知名度、需給バランス、実用性の3拍子揃ったロレックスは、中古市場でも価格が下がりにくく、また、ブランド腕時計の中でも換金率が高い。それゆえ資産価値の高さを誇っています。
ロレックスの中では、デイトジャスト、デイトナ、サブマリーナーあたりが人気で流動性が高いモデルです。

とくにデイトナのステンレスモデルは流通量が少ないことでも有名で、現行モデルにも関わらず中古市場でも高値で取引されています。
ねらい目ですが、そもそも手に入らない可能性もありますね。
カルティエも世界的に人気の高いモデルで、中古品の価格も下がりにくく資産価値の高いブランドです。ただこちらは女性向けの製品も多く比較的ファッション性を重視した骨細のつくりなため、壊れやすさが欠点です。壊れても修理して直せばよいのですが、その修理代が掛かるため、その分資産価値は減ってしまいます。

あとはオメガ、ブルガリあたりも日本では有名なので、活発に取引されており、ある程度流動性が期待できます。これらも下がりにくいブランドと言えるでしょう。

▼どこに買取に出すか
もっとも効率的かつ高い買取価格がつくのはブランド品や高級腕時計を専門に扱っている買取専門店です。まったくの未使用品ならヤフオクなどのネットオークションでも高い価格で取引ができますが、使用品についてはなかなか買い手が付きません。どうしてもネットオークションを利用する場合はそのあたりは覚悟しておきましょう。
買取店なら正確な査定をしてくれるお店が多く安心です。お金が欲しいからと言って、街の質屋に飛び込むのは危険です。安く買いたたかれてしまう可能性がありますから。

コメント

コメントを受け付けておりません。