ブランド腕時計の貯蓄性

ブランド腕時計の魅力の一つに、貯蓄性があります。
つまるところ元値が高いだけに、買取に出す際にも高額買取が期待できるため、貯金しているかのような感覚になります。

実質的に、たとえばロレックスのモデルでは、条件がそろっていれば定価の3~4割以上の価格で買い取ってくれますし、あまり出回っていないモデルにもなると、定価とほぼ同じ価格での買取もありえます。また、モデルチェンジしてその一代前のものが廃盤となったとき、将来プレミアが付き、高値で取引されることもしばしばあります。未使用品で付属品がすべてそろっていればなお高値で取引されるでしょう。

▼必要なのは戦略的に購入すること
ブランド腕時計を貯金のように考えるならば、大事なのは購入時の戦略性です。簡単に言えば買った値段で買取してくれそうなモデルを探せばよいということになりますが、それはなかなか簡単なことではありません。
先の例でいうなら、同一ブランドのなかでも珍しい素材を使っている(ロレックスで言うところのステンレス素材)、あるいは期間限定品や○○記念の限定モデルといった製品は、のちのちプレミアがつくこともあります。
ではもともと200万円、300万円する時計も出ている本数が少ないから、プレミアがついたり高く売れるんじゃないか?と思われる方がいるかもしれません。
この場合は逆です。この値段の腕時計を買うことができる人がそもそも少なく、流動性が低くなり、売ろうとしても書いてが見つからないという憂き目に遭う可能性が高くなります。中古買取店へ持って行っても、小規模のところは買取不可となる可能性が高く、買い取ってくれる店があっても、せいぜい定価の半額程度の値段しかつきません。

お金にある程度の余裕があるなら、貯蓄性の高いモデルを1本、普段使いするモデルを1本といったように、使い分けもできるでしょう。ただいずれにしても最初の1本は、自分のお気に入りを見つけそれを普段使いとしてとことん使い倒し、余裕が出たら価値の高いものを1本購入されるとよいと思います。

▼ねらい目は美麗で安価な中古品
もともとブランド腕時計は価格が高く、しかも落ちにくいのが特徴です。中古品でも価格は下がりにくいのですが、それでも新品を買うよりは全然安く買えます。
その特徴を利用して、安く中古品を買い十分に使った後に、買い取ってもらう(あまり価格は下がっていない)というお得な方法が一つあります。
オークションなどを利用すれば、場合によっては中古店よりも安い価格でブランド腕時計をGETできるチャンスがあります。
ただその場合、個人との取引になるケースは相手が信頼できるかどうか、腕時計の品質は問題なさそうかよく確かめる必要があります。

コメント

コメントを受け付けておりません。