ロレックスの買取

ロレックスは実用的な高級アクセサリーと言われるほど、価値が高くまた買取の際の換金率が高い腕時計です。
中には身に着けているモデルを買い取ってもらい、ほかのモデルを身に着けたいという方もいらっしゃるでしょう。
やはりなるべく高い価格で買い取ってもらいたいのは人の常。
買取の際のコツを教えます。

▼買取のコツ
買取の前に最低限やっておきたいのは、以下の3つです。
・時計の状態を確認する
・保証書、付属品等を揃えておく
・買取価格がどれくらいなのかを見ておく

時計の状態は買取価格に大きく影響してきます。ほとんどの買取店では、その状態や付属品が揃っているかどうかによって、同じ製品でもランクを分けて買取価格を設定しています。
たとえば中古品でもキズや汚れがなく、付属品も揃っている状態のものをA品、キズや汚れがあるものをB品、付属品に抜けがある場合をC品などといった形で分けています。
当然A品よりC品の方が安い買取査定額となるため、時計の状態を把握しておくのはもちろん、保証書や付属品を揃えておくことが最低限必要になってきます。
ちなみに外箱や保証書があるとないとでは1万円以上の買取価格差がでてきます。ブレスレットのコマも同様になくしてはいけない付属品の一つです。
ちなみに保証期間を過ぎていたとしても、保証書は捨ててはいけません。コレクターにとってみれば、これもコレクションの一部なのです

おおよその買取価格を把握しておくのは、買取価格を提示された際に、それが適正価格かどうか判断するためです。
リサーチした価格より極端に安い場合、相場を知っていればその理由を尋ねることもできますし、そのまま売らずに別の店を探しやすくなります。

自分の持っている時計の中古価格を調べても良いでしょう。実勢価格を知っていれば、だいたいこれくらいで買い取ってもらえるだろうな、とある程度予測できますから。

コメント

コメントを受け付けておりません。