ブランド腕時計とは

▼ブランド腕時計の定義
ブランドという言葉自体、もはや高いも安いもなく、企業独自の色や商品、サービスを表す言葉になってきました。
これが本来のブランドです。
しかしこと日本ではバブル経済の影響もあり、ブランドというと高級ブランド品を指す言葉として定着していて、服やバッグ、腕時計などファッション系の商品においてその傾向が色濃く出ています。
ちょっと小難しいことを言っちゃいましたね。

▼ブランド腕時計の系譜
腕時計は特に男性の間でステータスの証として人気です。
価値観やこだわり、アイデンティティなどを高級ブランドの時計に求め、こぞって価格の高い高級品を買いあさったのがバブルの時代。
ロレックスブームが起きブランド腕時計のカテゴリーが一気に拡大していったのが、この時代以降です。

▼ブランド腕時計の定番
ブランド腕時計といえば何が浮かんでくるでしょうか。
多くの方が上げるのはロレックスでしょう。ご存知の通りロレックスが高級腕時計の中でも王様の位置づけです。
他には、フランク・ミュラー、ハリーウィンストン、グッチ、ブルガリ、カルティエ、オメガなどの有名ブランドから、パテックフィリップ、パネライ、ルイ・ブレゲ、ヴァシュロン・コンスタンタン、オーデマピゲ、ブライトリング、ゼニス、ポルトギーゼ、オリス、フレデリックコンスタント、モンブラン 、ロンジン、ベル&ロス 、
エベル、ユンハンス 、チュードルなどの名前が上がります。
おそらく腕時計のブランド自体を知らない方は、ここに上げたブランドの内、10種類もご存じないかと思われます。
当たり前の話ですが、高級腕時計はロレックスやフランク・ミュラーなどだけではありません。
これは日本人の悪い所かも知れませんが、腕時計を価格順に並べてイコール価値の高いものという考え方が、こうした超高級ブランド志向生み出したといっても過言ではないのです。

知らないだけで実は奥の深いブランド腕時計について、紹介していきましょう。

コメント

コメントを受け付けておりません。