ロレックスのお手入れ方法

汗や脂などを付着させたままにして置くと、たとえステンレスやゴールド素材でも腐食が進んでしまうでしょう。

そこでロレックスの腕時計に関して行うべき日常のメンテナンス方法を考えてみましょう。
日頃から良いメンテナンスを行っていれば、長い間使用できるだけでなく、オーバーホールの時の費用が抑えられたり、手放すことがあっても高く買い取ってもらえたりするなどメリットがとても多いと言えます。

ロレックス腕時計の拭き方
まず見た目の印象に大切な風防は最もキレイにしておきたい部分です。基本的には専用のクロスで風防面を優しく拭きます。

最後は円を描くように行うと磨き跡を残さず拭き上げることができます。
ポイントは水気が内部に入らないよう乾拭きをすることです。またクロスにほこりやゴミが付着していると、キズがついてしまうので、クロスも良い状態かどうか丁寧に確認しましょう。

万が一風防の内側に水滴や曇りを発見したなら、すぐに修理に持っていきましょう。重大な故障につながりかねません。エンドピースやブレスレットは腕に直接接触するため、汚れやすいパーツといえます。
やわらかめの歯ブラシや爪楊枝などでゴミをはじき出すイメージで、根気よく丁寧に掃除するようにしてください。

リューズや回転ベゼルも念入りに
リューズや回転ベゼルは可動パーツのため、故障が起きやすいと言われています。原因の多くは清掃不足ですから、ケースの隙間にあるほこりや砂を定期的に取り除くようにしましょう。

特にアウトドアなどに使用した後は、小さな石が入り込むことが多いので、入念に清掃するようにしましょう。

一番の敵は汗と脂
素材がどんな材質であれ、汗と脂を放っておけば腐食していきます。ロレックス腕時計を一日使ったなら、必ず拭き上げることを習慣にしましょう。

もし夏場なら一日の中で何度も拭くことを意識するべきです。どれだけこまめにメンテナンスするかが、どれだけ長く愛用できるかのカギを握るからです

コメント

コメントを受け付けておりません。