実用腕時計 買うなら国産?海外製?

実用腕時計には国内メーカー、あるいは海外メーカーどちらを選ぶべきなのでしょうか。
▼答えは簡単
国内メーカーも海外メーカーの製品も、それぞれ特徴があります。もっと言えばいろいろなメーカーがあり、形も違えば得意としている種類、価格、ブランドイメージもすべて違います。

単純には2分割して考えられないものなのですが、どうしても、我々日本人は海外への憧れを隠すことができないため、ブランド腕時計に目が行きがちになります。
そういう目線で選ぶと海外メーカーしか選択肢に上がらないわけですが…。

「実用」腕時計という点にフォーカスすれば、そこには国産も外国産もなく、またブランドも関係なくなります。

純粋に、実用的な時計を選べばよいのです。

▼日本の時計は素晴らしい
テレビの影響もあり、腕時計と言えばどうしても海外礼賛になりがちなので、ここは日本の時計にフォーカスしてみましょう。

まず日本の時計は海外で人気があります。海外の時計愛好家ならそのことをよくわかっていて、性能・品質はもちろん、スマートなデザイン、使いやすさ、壊れにくさ、リーズナブルさなどは非常に高く評価されています。たとえばスイスに住んでいてもロレックスを買わず(買えず)、現実的な価格の自国以外の例えば日本の時計を着用している人が多くいます。

▼セイコーやカシオは人気
実用腕時計の中でもセイコーやカシオの時計はとくに人気です。
その理由は実用性だけでなく、デザインも良く、腕時計としてのクオリティが高いからにほかなりません。それに安い。
品質が良くてしかも安いのが、セイコーやカシオの実用腕時計の一般的な評価です。

であればこそ、海外ブランドの威光に目がくらみ、実用腕時計にも「見栄」というおよそ実用的ではないマスクを被せるよりは、フラットな目でお気に入りの一本を探したほうが良いでしょう。

実用腕時計に優越感を求めてはいけません。

コメント

コメントを受け付けておりません。