ロレックスの魅力

ロレックスの魅力は語りつくすことができませんが、ここでは時計そのものの魅力から少し離れ、エピソードについてご紹介したいと思います。

▼エピソード1.デイトナ
デイトナの名前の由来は、アメリカのレース場「デイトナ・インターナショナル・スピードウェイ」。クロノグラフ(ストップウォッチ)機構を装備しているモデル。

▼エピソード2.GMTマスター
パン・アメリカン航空のパイロットが装着するために開発されたパイロット・ウォッチ。2つのタイムゾーンを表示できる。機能性に優れているモデルでビジネスユースにも最適

▼エピソード3.エアキング
ロレックスの中でも最古のペットネームが「Air King」。初代エアキングとしてRef.5500は長寿モデルで1988年まで、実に50年近く製造されていた。

▼エピソード4.エクスプローラー
洞窟探検など、昼夜区別のつかない極限の環境でも実用性を失わないモデルとして開発されたアドベンチャーウォッチ。イタリア人登山家のエベレスト登頂でその機能性が評価された。
ロレックス エクスプローラーの詳細情報はこちらをご覧ください。

▼エピソード5.サブマリーナー
世界初のダイバーズウォッチとしてあまりに有名。防水性能に優れるロレックスの人気モデル。

▼エピソード6.スカイドゥエラー
2タイムゾーンと年次カレンダー機構と、複雑機構が搭載されたスタイリッシュなモデル。

▼エピソード7.デイトジャスト
オイスターケースとパーペチュアル機構にデイトジャスト機構を搭載した初のモデル。

そのほかにもデイデイトは当時のアメリカ大統領、アイゼンハワー氏に送られたことをきっかけに、最高峰モデルとして今日までその変わらない価値を提供し続けています。
またオイスター・パーペチュアルは、ロレックスの原点となるモデルで、こちらも決して忘れることはできません。

それぞれのエピソードはロレックスの歴史の一部です。
そういったエピソードが豊富なこともロレックスの深みが増し、世界中で愛好家が増える要因なのでしょうね。

カシオの時計は機能性の高さに定評があります

日本のブランド時計として知られているCASIO「カシオ」は有名です。
この時計を利用している人も多いことでしょう。
日本のブランド時計としてはセイコーも有名ですが、CASIOもセイコーに劣らず人気のあるブランドです。

・CASIOの歴史
CASIOは計算機としても有名です。
その後、収益基盤強化のため時計業界の進出を決めます。
その当時は、機械式からクオーツ式のデジタル時計への転換期でもあり、CASIO「カシオ」は水晶発振器のパルスを応用した時計を作りました。
これまでの電卓によって培った技術を最大限活かし、1974年に電子腕時計第1号となる「カシオトロン」を発売しています。
当時のカシオトロンは時間、分、秒の他に、フルオートカレンダーも搭載していました。
フルオートカレンダーによって、閏年の調整必要がなくなったのです。
また1983年には、CASIO腕時計を代表作となった「G-SHOCK」第1号が発売されます。
「G-SHOCK」は人気時計として、多くの人たちから利用されました。
今までの時計ではあまり使用されなかったプロテクション技術を、腕時計に組み込んだことが話題になりました。
「G-SHOCK」は内部保護のため衝撃吸収材で包み込んでおり、壊れにくい時計として定評があります。
この「G-SHOCK」の発売によって、CASIOの人気がさらに高まりました。

・機能性の高さに定評があります
CASIOの時計は限定ものが多いことでも有名です。
また、ゴツゴツとしたデザインが特徴です。
デザイン性の良さも魅力的ですが、最大の売りはやはり機能性の高さにあります。
機能性が高い時計が多いので、一度使ってみてその良さを実感するのも良いでしょう。
もちろん、防水性にも優れています。

日本の時計ブランドとして有名なCASIOは、今でも多くの人たちから支持されています。
CASIOの時計機能性、防水性に優れており、様々なビジネスシーンで活躍しています。
今後も多くの人たちから愛されることでしょう。

ロンジンは歴史のある時計です

ブランド時計の中でも古い歴史があることで知られるのが、LONGINE「ロンジン」です。
現存する時計メーカー中でも特に古い歴史を持っており、これまで多くの人たちから愛されてきました。
LONGINE「ロンジン」について紹介しましょう。

・歴史について
LONGINE「ロンジン」は、歴史のある時計ブランドとして知られています。
その歴史は古く、設立は1832年まで溯ります。
前述のように、現存するブランド時計メーカーの中でも最も古い歴史のある老舗です。
LONGINE社を設立するために専用の列車の駅を整備し、周辺の道路が整備されたというほど有名なブランドです。
高級かつ高精度の時計として有名で、様々な博覧会で多くの賞を受賞しています。
昔良く使用されていた懐中時計には、その裏蓋に受賞歴のマークが付いていたものもありました。
そして1900年代には北極海探検などにも利用され、信頼できる時計として注目されています。
さらに1927年の大西洋無着陸横断飛行の成功にも貢献し、パイロット時計で世界から注目されるようになりました。
パイロット時計は有名です。

・信頼と安定感があります
LONGINE「ロンジン」の魅力は、何といってもその歴史の深さにあります。
時計のことを知れば知るほど、どんどん深みにはまる魅力さに多くの人が感銘しました。
ブランド時計メーカーとしての信頼と安定感が、世界の時計へと成長した理由なのかもしれません。
LONGINEは品揃えや幅広さ以外にも、時計自体がしっかりと作られたものが多いことでも知られています。
大手メーカーの中でも珍しく、一つ一つの時計を丁寧に作り上げています。
そのため、世界で一つの最高の時計として愛用する人たちも多いのです。
時計自体に独特の魅力があり、それがLONGINEに魅せられる理由なのかもしれません。

LONGINE「ロンジン」の時計に魅力を感じる人も多いことでしょう。
LONGINEは歴史のある時計として、世界中の人たちから愛されています。
信頼と安心感があるからこそ、人々から支持されるのです。

ポールスミスはあらゆる年齢層の人たちから人気があります

昔から人気のあったPaul Smith「ポールスミス」は、若者に絶大な人気があるファッションブランドです。
皆さんの中にも、Paul Smithのブランド品を集めている人がいると思います。
とても魅力的なブランドとして、多くの人たちから愛されています。
Paul Smith「ポールスミス」について紹介します。

・あらゆる年齢層から支持を得ています
Paul Smith「ポールスミス」は伝統的な仕立て、軽やかなデザインに定評があります。
Paul Smithと聞くと服をイメージする人も多いと思いますが、腕時計も魅力的です。
Paul Smithはデザイナーの名前からきていますが、現在は時計のブランドとしても認知されています。
ブランドの特徴といえば、やはりあのカラフルなデザインではないでしょうか。
マルチカラーが魅力的であり、グリーン、イエロー、ブルーといったカラフルなデザインが人気の秘密になっています。
Paul Smithの腕時計は、20~30代に絶大な人気を誇っていますが、もちろんそれ以外の層の方たちからも好評です。
このように若い世代以外に40代、50代などあらゆる年齢層から高い支持を得られている理由があります。
それは派手なマルチカラーを基礎に、クラシックデザインに仕上げた高級感漂う外観です。
高級感に惹かれて、多くの人たちが購入しています。

・愛される時計
Paul Smithの愛される時計を紹介します。
まず「Eyes One」です。
この時計は、さし色の赤、青のデザインで仕上げられています。
Paul Smithの、遊び心を感じることができます。
次に「Closed Eyes」です。
こちらはとてもシンプルですが、それぞれの部分が大人の男性を意識させてくれます。

様々な年齢層から人気のあるのがPaul Smithです。
高級ブランド時計として、今後も多くの人たちから愛されることでしょう。
カラフルなデザインが魅力的で、男性、女性それぞれから人気があります。

世界のトップブランドとして君臨するセイコー

日本の時計メーカーと聞いて、真っ先にSEIKO「セイコー」をイメージする人も多いのではないでしょうか。
SEIKOはテレビや雑誌などでもお馴染みですので、ご存じの方も多いと思います。
SEIKO「セイコー」の魅力などを紹介します。

・東京オリンピックで一躍有名に
SEIKOは、日本の時計メーカーとして知られています。
国民的な時計メーカーとして、多くの人たちから支持されています。
様々なビジネスシーンを始め、フォーマルシーンまで活躍できる腕時計として定評があります。
SEIKOの歴史は古く、始まりは大正時代に溯ります。
大正時代からスタートしたブランドが、1964年の東京オリンピックで一躍世界にその名を知らしめました。
東京オリンピックでの公式時計として、SEIKO「セイコー」が選ばれたのです。
東京オリンピックでは、史上初めて電子時計機器が公式時計として採用されたことでも話題になりました。
SEIKO時計を採用した東京オリンピックでは、結果的に大きな成功を収めています。
東京オリンピックでは日本メーカーのSEIKOだけでなく、海外の時計メーカーも選考の対象になっています。
しかし技術力の高さが高く評価され、多くのブランドを圧倒しました。

・世界のトップブランド
東京オリンピックで一躍有名になったSEIKOは、その後発売した世界で初めとなるクオーツ腕時計のヒットにより、世界のトップブランドの仲間入りをすることになります。
SEIKOは他のブランドのような派手さはありませんが、どのようなスタイルにもマッチしやすいのが大きな特徴です。
上質さ溢れるデザインが、人気の秘密といえます。
また1960年に、高級腕時計ブランドとして「グランドセイコー」を立ち上げました。
これら二つのブランドの共通点は、優れた機能性と洗練されたデザインです。

日本の時計ブランドとして、知られているのがSEIKOです。
SEIKOは、多くの人たちから親しまれています。
世界的なブランドの仲間入りも果たし、今後の発展が期待されます。

ロレックスが成功した理由

皆さんは高級時計と聞いて、どのブランドをイメージしますか?
様々なブランドがありますが、ROREX「ロレックス」を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。
ROREXは他のブランド時計と比べものにならないほど、クオリティが高いといえます。
ROREXの魅力を紹介します。

・人気の秘密
ROREX「ロレックス」は高級時計としてのイメージが強いのですが、本質は実用性能に優れた腕時計でもあります。
実用性のある時計と捉えると高価に思えますが、時計自体の品質や耐久性などを考慮すると、価格とのバランスが整っていることが分かります。
有名で人気のある高級時計メーカーの創業は18~19世紀と歴史がありますが、ROREXは20世紀に創業した比較的新しいブランドです。
その新しいブランドが、現在では世界最大規模の時計メーカーに成長しました。
その理由の一つとして挙げられるのが、「防水性」にあります。
防水性機能が高いオイスターケースを採用したことが、人気を得た秘密といわれています。
そして次に挙げられるのが、「自動巻き機能」です。
ROREX「ロレックス」が創業した当時は、懐中時計などが主流でした。
防水機能を備えた時計は皆無に等しく、また手巻き時計が一般的だったのです。
これら「防水性」と「自動巻き機能」の時計が、多くの人たちから支持された理由です。

・自社製造
ROREX「ロレックス」は、ムーブメント開発から製造まで、全ての工程を自社で手掛けています。
当時の時計産業は分業化が進んでいたこともあり、各種の時計メーカーは専門メーカーが生産するムーブメントを使用していました。
しかし、ROREXはムーブメント開発から製造まで、全てを自社で手掛けることに成功しました。
ムーブメントそのものが優れていたことが、現在の地位を決定付けたのかもしれません。

世界的に人気のある高級腕時計メーカーROREX「ロレックス」の、人気の秘密は様々な点が挙げられます。
他のメーカーと異なる視点で取り組んだことが、成功に至った大きな要因といえます。
自社製造と防水性、自動巻き機能が優れていたのでしょう。

次のページ →